女性育毛成分、ミノキシジルの効果について

男性だけでなく、年齢とともに女性でも、抜け毛が多くなった・髪にハリやコシがなくなってきたなどの、髪のトラブルで悩んでいる方は多くいらっしゃいます。

そんな女性の髪のお悩みに、ミノキシジルの配合された女性用育毛剤を試してみられませんか?

ミノキシジルとは?

ミノキシジルとは、もともとは血管拡張薬として開発された成分です。ですから、ミノキシジルは頭皮の血行を良くするという効果だけでなく、発毛・育毛に効果的で、なおかつ脱毛の進行を予防する働きが期待されています。

また、ミノキシジルは毛包に直接作用してタンパク質の合成や細胞の増殖を促すとも言われています。

このような効果から、最近ではミノキシジルの配合された育毛剤を見かけるようになりました。

女性用育毛剤とは?

昔から、男性用の育毛剤はありましたが、最近では女性用の育毛剤も多く販売されるようになってきました。

ウィッグなどもありますが、可能ならば自分の髪を蘇らせたいという思いが皆さんにもあると思います。

若い頃のキレイな髪が取り戻せるなら、女性の方々も育毛剤を手に取りたいと思われるのではないでしょうか?

そもそも男性の薄毛と違い、女性の薄毛は頭皮全体が薄くなることが多いです。その原因としては、これまでにしてきた無理なダイエット・貧血・出産などのホルモンバランスの乱れなどがあげられます。

頭皮に上手く栄養がいかないことによる薄毛だと思われます。ですから、ミノキシジルのように血行を良くして頭皮に栄養を行き渡らせる成分が必要になってくるのです。

医薬部外品の育毛剤って、効き目があるの?

医薬品と医薬部外品の違いは、その育毛剤に含まれている成分の量です。ですから、医薬部外品の育毛剤は、ミノキシジルなどの成分の含有量が医薬品に比べると少ないということになります。

しかし、医薬部外品にも育毛成分は含まれています。医薬部外品の育毛剤は、副作用が少なく、緩やかに効果が発揮されていくといったイメージです。

ですから、長く使い続けることで、育毛効果を実感できるのです。